露出狂

 自分の中に、露出狂があったなんて驚きです。
きっかけは、高校時代の同窓会に出席したときです。
その帰り、元同級生と外であんなことをするなんて・・・。
自分も知らなかった、本当の自分。
露出狂で感じる自分を、発見してしまった瞬間にもなったんです。

 30歳、夫と2人で暮らしている既婚者です。
高校時代の同窓会の通知があり、出席することにしました。
会うのは久しぶりでしたから、とても楽しみだったのです。
同窓会で見た同級生たち、変わらない人もいれば、大きく変化しちゃった人もいて。
何だか新鮮な喜びを感じてしまいました。
あの当時の感覚が、蘇ったような感じです。
その中の1人、あの頃は地味で目立たなかった俊也くんが、キリッとした雰囲気になっていたのは驚きました。
なんて言うか、堂々としている。
自信たっぷりな態度に、周囲も驚いていたみたい。

 同窓会で沢山お酒を飲んで、お喋りをしての帰り道。
俊也くんと一緒になりました。
彼、何だかすごく興奮しちゃっていたみたいで、いきなり公園に連れ込まれちゃったんです。
最初は何なのか分らなかったのですが、どうやら求めてきている様子。
絶対に嫌って言ったんだけど、相手かなり本気。
オナ電をする女性は出会い系サイトで探す
いつの間にか、スカートに手を突っ込まれてしまって、あそこを触られちゃって・・・。
最初は抵抗していたけど、だんだん気持ちよくなっちゃって、彼のされるがままに。
表で、まさかパンツ脱がされちゃうなんて。
スカートまくられちゃって、ジロジロ見られたり、匂い嗅がれたり・・・。
こんなところで、下半身丸出しになっていることも恥ずかしい。
同級生に、見られたり触られたりすることも恥ずかしい。
だけど気持ち良いんです。
感じるんです。
夫とするセックスより、なぜか刺激が強く感じちゃって。
あれ?これ露出狂だから?
そんな気分に浸りながら、俊也くんの愛撫を受け入れてしまっていました。
彼もオチンチンを出して顔に持ってきて、当たり前のようにしゃぶってしまった私。
そして、立ちバックで挿入されてしまったのです。

 正直、凄い衝撃だったんです。
外でするエッチは、激しく魅力的に感じちゃって。
露出狂に目覚めた瞬間なのかな?
それで、たまに俊也くんに連絡を入れるようになって、外で楽しむようになってしまいました。
オナ指示
電話エッチ