ピンチの時に助けてくれる人

仕事で失敗するたびに上司がかばってくれてたんです。
私にとって上司はピンチの時に助けてくれる人でしたね。
遅くまで残業させちゃうことも何度もありましたし、他の同僚にも迷惑かけちゃうことがあって、本当に申し訳なくて・・・。
自分でも頑張っているんですけど、うっかりミスが多いというか、完璧に仕上げたつもりなのに、何かが抜けていたり。
上司は怒りもせずに、毎回私をかばってくれて、私を助けてくれる人でした。
ピンチの時に助けてくれる人だからこそ、上司から誘われた時、断れなかったんです。
いつもお世話になってるし、と。
本来なら、私がランチくらいは奢らないといけないんじゃないかという意識もありましたし。
ですが、体の関係まで求められるとは思っていなかったので、ちょっと上司に対しては幻滅してしまいました。
リモートパパ活
ピンチの時の助けてくれる人を演じてたのは、こういう目的があったからなのか?って。
だけど、その時に上司のサポートがなかったら、仕事続けていけないかもしれない、上司との関係が良くなかったら、この先仕事できないかもしれない。
そんな恐れもあって、体の関係に応じてしまったんです。
ピンチの時に助けてくれる人を失うわけにはいかない、という気持ちですね。
ですが、体の関係を持つようになってからしばらくして気付きました。
男性で「身内の女には異常に厳しい」人っていません?
奥さんにキツイ人とか、母親にキツイ人とか・・・その上司、そのタイプだったみたいなんですよね。
女房扱いしてくるのと同時に、暴言がすごくなって・・・精神的にきつかったです。
ピンチの時に助けてくれる人
お金欲しい掲示板