プチ援

 半年ほど前のことでした。
3カ月程度の入院を余儀なくされたことがあります。
その度に、思わぬプチ援体験をすることになりました。
口ではなく、2000円で手のみのプチ援だったのですが、ちょっと刺激的な経験になりました。

 25歳という若さは、入院には適していません。
狭苦しい部屋に押し込められてしまう。
性欲旺盛なのに、気軽に性処理ができない。
周囲は魅力的な看護師がいるのですけれど、AVで見るような美味しい経験をすることもなく、悶々としていました。
入院中の楽しみと言えば、他の患者とのお喋りだったりして。
特に、27歳の魅力的な女の子が、入院患者に1人いました。
大きな瞳に、ポッテリ唇。
スケベそうなのは、見た目からよく分りました。
こういう女の子と交流をする、それが唯一の癒やしといったところだったのです。

 若いから、股間も自然に反応してしまうことがあります。
性欲がままならない状態でもあり、エッチな刺激がなかったのに起き出してしまって。
それを、魅力的な入院患者のAちゃんに、見られちゃって気まずいのなんの。
そうしたら、驚くべきことに「プチ援してあげようか?手だけになるけどさ」って、言われちゃって驚いたのなんの。
割り切り
もちろん、からかわれているに違いないと思ったのですが、本当にやってもらえるなら楽しそうだなという気持ちにも。
「口はダメなの?」
「うん、手コキだけだから格安2000円で、どう?」
彼女の微笑みがエロチックで魅力的でしたから、素直に「はい」と返事をしてしまったのでした。

 病院ですから、トイレの多目的ルームもしっかりと完備されているのが良かったですね。
Aちゃんと、二人きりでそこにこもり、元気な肉棒を手コキしてもらいました。
これが、メチャクチャ上手と言うか、はちゃめちゃな気持ち良さを感じてしまいました。
彼女、凄くスケベな笑顔を見せながら、シコシコやり続けてくれちゃうんです。
次第にその動きが激しくなっちゃって、ついに絶頂へ!
トイレの天井まで届くのではないかと思うほど、ザーメンが飛んでいました!
下着掲示板
フェラ割り